等式のぶらり探訪日記

主に旅行したり探訪したり写真撮ったりアニメ見たりしてます 。雑記のようなものです。

『薄暮』 プロジェクト クラウドファンディング支援イベント レポート ティザービジュ舞台探訪(聖地巡礼)

探訪日:2017/9/17

f:id:rinngo-11922911:20170919041710p:plain

 

今回は、山本寛監督(ヤマカン)による新作オリジナル劇場作品「薄暮」の新作アニメ制作プロジェクトのリターンの一つである、クラウドファンディング支援イベントでいわきへ行き、合わせてティザービジュアルの舞台探訪を行った事についての記事になります。

 

この作品を説明するに当たって、冒頭から聞き及ばない単語がある人がいると思いますので別記事にて補足してます。

 

rinngo-11922911.hatenablog.com

 

 目次

 

① 『薄暮』プロジェクトとは?

 youtu.be

 

山本寛監督による新作オリジナル劇場作品。

クラウドファンディングを通して、アニメ制作費を募るプロジェクトです。

(※現在は支援の募集は終了しています。)

2018年劇場公開を予定しています。

 

(1)山本寛監督が携わってきた主な作品一覧

2006年『涼宮ハルヒの憂鬱』(TV第一期)シリーズ演出
2006年『涼宮ハルヒの憂鬱』TVCM(実写)絵コンテ・出演
2007年『らき☆すた』(TV第1~4話)監督
2008年『かんなぎ』(TV)監督
2010年『私の優しくない先輩』(実写映画)監督
2011年『フラクタル』(TV)監督
2012年『blossom』(配信)監督
2013年『戦勇。』(TV)監督
2013年『宮河家の空腹』(配信)監督
2014年『Wake Up, Girls!七人のアイドル(映画)』『Wake Up, Girls!(TV)』原案・監督
2014年『愛』(CX「OV監督」内で放送。実写)監督
2015年『Wake Up, Girls!青春の影(映画)』『Wake Up, Girls!Beyond the Bottom(映画)』原案・監督

公式ブログ http://lineblog.me/yamamotoyutaka/

 

 以上の誰もが目にしたことがあるビックタイトルを含めた作品に携わってきたお方です!

 

(2)🎁『薄暮』プロジェクト リターン(一部)

〖10,000円〗

【試写会参加権付き】

・感謝状(監督メッセージ)
・原作小説(※監督サイン入り)
・プロジェクト支援会員権(メールにて制作の進捗などコンテンツを配信予定)
・本編エンドロールにお名前をクレジット
・試写会参加権

 

〖15,000円〗

【支援イベント(いわき市)参加権付き】

・感謝状(監督メッセージ)
・原作小説(※監督サイン入り)
・プロジェクト支援会員権(メールにて制作の進捗などコンテンツを配信予定)
・本編エンドロールにお名前をクレジット
・プロジェクト支援イベント参加権(いわき市)

 

〖15,000円〗

【試写会参加権&スタッフお疲れさま本付き】

・感謝状(監督メッセージ)
・原作小説(※監督サイン入り)
・プロジェクト支援会員権(メールにて制作の進捗などコンテンツを配信予定)
・本編エンドロールにお名前をクレジット
・試写会参加権

 

以上が本当にリターンの一部になります。

支援できる金額が1000円100万円までとかなりの金額幅があります。

 

② 『薄暮』とはどんな作品?

ここからはまだまだ情報は少ないですが、薄暮について今現在公開されている情報を纏めてみました
 

(1)スタッフキャスト情報

原作・脚本・監督・音響監督 山本寛

キャラクターデザイン 近岡直

色彩設計 村口冬仁

音響演出 山田陽

音楽 鹿野草平

アニメーション制作 Twilight Studio

キャスト 花澤香菜 福原香織 島本須美 他

 

(2)作品のキャッチフレーズ(山本寛監督の構想より抜粋)

どこにでもいる少女が体験する、どこにでもある生活。
どこにでもある人生。
どこにでもある恋。

それは、震災後を生きる僕達にとっては、とても尊いものなんだ。

そんな作品にしようと思っています。

 

もちろん、「聖地巡礼」=コンテンツツーリズムを目的とした、さまざまな企画を連動させていきたいと思っています。
福島にひとりでも多くの方が興味を持っていただけることを期待しつつ。


この作品を実りあるものにするためにも、皆様のご協力を切にお願いしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

原作・監督 山本寛

 

(3)原作小説『薄暮』無料公開中

camp-fire.jp

camp-fire.jp

 

まだ映画公式サイトも無い状態です。語弊等あるとなんですのであらすじ等まで言及しないでおきます。今後展開や設定等変わっていく可能性も十分にある段階ですしね。

 

③ プロジェクト支援イベント(いわき) レポート

 開催概要

◯イベント名:『薄暮』支援イベント in いわき
◯日程:2017年9月17日(日)
◯時間:13:30開場/14:00開演/15:30終演(予定)
◯場所:ポレポレいわき内スクリーン5 (http://www.polepoleiwaki.com/)
    (住所:〒970-8026 福島県いわき市平字白銀町1-15 )
◯出演:山本寛福原香織、和田浩司

 

今回プロジェクトを支援したリターンとして作品の舞台となったいわき市で開催された上記イベントに参加してきました。

内容としては支援金の使い道という少々お堅い話からいわき市イベント限定のロケハン情報等、終盤には抽選会と質疑応答で閉幕でした。

 

舞台探訪(聖地巡礼)をする人目線からすると、とてつもなく沢山の情報が詰め込まれた時間でした(笑)

結果的にはその情報を元にティザービジュのカットを発見することが出来たのですが・・・。

 

④ 『薄暮』舞台探訪(いわき市内各所) 

今回のイベントでぶっちゃけロケハンした所の場所の名前もいくつか挙げられてました(いくつか覚えきれなかったですが。また実際に出ると断定も出来ません)

 

舞台探訪と言ってもスタッフがロケハンした所を探訪したと表現した方が誤謬がないかもしれません。

 

比較できるカットが、現状ティザービジュアルとキービジュアルの二つなので紹介します。

 

(1) 『薄暮』ティザービジュアル 

f:id:rinngo-11922911:20170919071012j:imagef:id:rinngo-11922911:20170919071016j:image

こちら後日Googleマップで発見したカットになります。

探訪した日は台風で雨風も強く良く見えませんでした(笑)

 

一致度は高いとは言えませんが雰囲気は似てると思います。しかしここが舞台だと断言できる根拠があります。それは

ここでロケハン中のスタッフと遭遇しました!!

 

山本寛監督ともお会いして写真の方を撮って戴きました(笑)

写真はあげませんが、この近辺に主人公とヒロインが邂逅する予定の石橋もロケハン写真と完全に一致する場所発見しました('ω')ノ

 

おそらくいわきのイベントに参加した方、今後イベントに参加する方が耳にすると思われる「薄暮ポイント」がこの場所だと思われます。

 

(2) 『薄暮』キービジュアル

f:id:rinngo-11922911:20170919074921p:plain

このカットに関しては完全一致するところ発見出来ませんでした。

一応雰囲気似てるところ数枚撮りました。

 

f:id:rinngo-11922911:20170919071028j:imagef:id:rinngo-11922911:20170919071106j:image

正直風雨でそれ所じゃなかったですね(;´・ω・)

逆に台風が迫っている中ロケハンをするスタッフ一同に敬服するばかりです...。

今後新規PVとか公開され次第ロケハンで登場したカット等追っていきたいと思います。

 

⑤ まとめ 

CFについて興味があって支援してみたいけどイマイチやり方とかが分からない方がいましたらコメントでもTwitterでも連絡いただければお教えいたします!

 

 今回の『薄暮』で監督の東北三部作完結との事で新情報、果ては公開まで首を長くして待ちたいと思います。

 

以上です。

 

 

画像の著作権は ©Yutaka Yamamoto/Project Twilightに帰属します。